耐震診断・耐震改修 助成制度・融資制度の活用

耐震診断や耐震改修を実施する際には、国や地方公共団体による助成金や融資制度を活用しましょう。

融資制度 リフォーム融資(耐震改修工事)
補助金 最大740,000円
税制等

耐震改修工事にかかる費用はどれくらい?

住宅の延床面積(1階と2階の床面積の合計)と、耐震改修前後の住宅の評点差から、耐震改修工事にかかるおおよその費用を算出できます。あくまでも金額の目安であり、実際の金額と異なる場合がありますが、概算費用の参考になります。正式な工事費については、耐震補強計画・設計に基づき積算見積もりの上、算出されます。

画像:電卓を持って家の前に立っている女性のイラスト

【耐震改修費用(概算)の算出例】

床面積120㎡(36.3坪)の住宅を耐震診断し、現場調査をもとに評点を算定したところ、評点は0.5でした。この住宅を評点1.0にするための改修工事をした場合の費用シミュレーション。※この耐震診断にも専門家派遣補助事業がありますので、詳しくは熊本耐震改修研究所までお問い合わせください。

耐震補強計画・設計費
耐震補強計画・設計費 216,000円
耐震改修工事費
耐震改修工事費 1,620,000円
耐震改修に伴う総額 1,982,880円

【耐震診断について】

事前調査、現地調査をもとに、耐震診断士が耐震ソフトを使い、大地震での倒壊の可能性について診断を行い、上部構造評点と判定を算出します。

評価1.5以上 倒壊しない
評価1.0以上1.5未満 一応倒壊しない
評価0.7以上1.0未満 倒壊する可能性がある
評価0.7未満 倒壊する可能性が高い

【熊本市の補助金(2017年現在)を適用した例】

熊本市の補助金には「耐震補強計画・設計費」「耐震改修工事費」に使えるものがあります。これらを適用した場合、次のようになります。
※各自治体ごとに補助制度が準備されています。

耐震補強計画・設計費の補助額
耐震改修設計費の補助額 14,000円

※合計額は155,520円ですが、上限額が140,000円と定められているため、補助額は140,000円となります。

耐震改修工事費の補助額
耐震改修工事費の補助額 600,000円

※合計額は874,000円ですが、上限額が600,000円と定められているため、補助額は600,000円となります。

自己負担額 1,242,880円